ひとりでも多くの人が自分の人生を愛せるように。

社会が少しでもより良い方へ向かうように。


『ブルームーンデザイン事務所』は、福祉・子ども・環境・自治体・NPOなど、様々な領域を横断してデザインを行う事務所です。社会問題・地域課題・個人的課題を解決するためのコンセプトやアイディアを考え、孤立、分断、遮断されているものを繋ぐように新たなコミュニケーション(関係性)をデザインしています。また最近は、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けてデザインの実践も行なっております。


業務内容


・コンセプトプランニング
・クリエイティブディレクション/プロデュース/ブランディング

・デザインコンサルティング
・アートディレクション・シンボルマーク・ロゴマークデザイン・ワークショップ

・公共施設、病院などのサイン計画

・こども園、幼稚園、保育園、企業主導型保育事業などの園舎のデザイン
 ※設計は建築家との協働で行っております。福岡県外でも遠慮なくお問い合わせください


中川たくま
プランニング・ディレクター / クリエイティブ・ディレクター / デザイナー
1978年福岡市生まれ。デザイン事務所を経て、2006年、「ブルームーンデザイン事務所」設立。ひとりでも多くの人が人生を愛せるように。社会が少しでもよりよい方へ向かうようにと、アイデアやコンセプトを考え、それをデザインをしています。尊敬する人は、星野道夫さん、宮沢賢治さん、宮本常一さん、水木しげるさん。
動物、自然、本、自転車を愛しています。





掲載

2009 朝日新聞(12/31)

2011 朝日新聞(9/15)、長崎新聞(12/10

2012年「手の間」9号、岩手日報(8/2

2013年毎日新聞(3/9)、朝日新聞(12/27

2015webマガジンgreenz 4/20)、長崎新聞(9/10)、西日本新聞(09/28)

2016「こどもとデザイン」BNN編集部)、西日本新聞(09/17)
子どもと保育、アートなどについてエッセイを寄稿


賞歴

2015年:キッズデザイン賞(子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン)
みやまの森こども園、

2016年:キッズデザイン賞(子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン)
南ヶ丘保育園

主要取引先
福岡県庁、福岡市役所、大野城市役所、久留米市役所、嘉麻市役所、福岡市文化芸術振興財団、福岡市総合図書館、福岡市福祉事業団、福岡県NPOボランティアセンター、福岡市教育委員会、長崎県美術館(長崎)、久留米市美術館、福岡アジア美術館、石橋文化センター、NPO法人子どもの村福岡、ふくおかNPOセンター、春日まちづくり支援センター、西日本新聞社、学研ホールディングス、三菱地所アルティアムなど(敬称略)