以下は、おおまかなプロジェクトの進み方です。費用に関しては初回は無料です。初回のヒアリング後、規模に合わせた費用をご提案いたします。初回のヒアリングの際に、何となくの予算感をお伝え頂いても結構です。また、直近で特にプロジェクトがない場合、何か聞いて欲しいこと、聞きたいことがある場合でも、お気軽にご連絡ください。知らない世界を知れる歓びがあります。デザインが始まる前から、ともに歩んでいくパートナーとして、伴歩(伴走よりはもっとゆっくり)するように、隣で一緒に考えていければと思います。

まずはお話を伺います。「困っているけど、どうしたら良いかわからない」、「何で困っているかわからない」など、ぼんやりとしている状態でも構いません。当事務所は「聞くこと」を大切にしています。ヒアリングと言うよりカウンセリングの方が近いかもしれません。まだ言語化できていない、心の井戸の中にある大切な想いや願いを探しに、深いところまで一緒に階段を降りていくようなイメージです。普段の暮らしのことや子どもの頃の記憶なども聞かせて頂けたらと思います。そんな何気ない会話の中に、思いがけない大切なものが潜んでいます。それを一緒に探しに行ければと思います。特にミーティングルームじゃなくても構いません。お好きな場所(例えば土手や海辺、森の中だって)で聞かせてください。見つけるまで時間がかかりますが、あまり気にされないで下さい。日を改めても結構です。何度でも話を聞きます。

見つけた大切なものを、より多くの人や伝えたい(必要としている)人に届ける為に、明文化を行っていきます。その為に今度は視点を外に向けてリサーチを行います。取り巻く環境、地域のあらましや歴史、業界内外の置かれている状況を調査。理事会・定例会などへの参加、スタッフの方とのワークショップなど、普段の現場に関わりながら柔軟にアイディアの種を探っていきます。適切な補助金、助成金の申請、その他ファンドレイジングのサポートも行います。特に打ち合わせじゃなく、人手が足りないときでも呼んで下さって結構です。そういう何気ない時間に関わるのも好きです。

アイディアの種をもとに、近い未来と遠い未来の目的地を描き、事業や計画のフレームづくりを行います。一緒に、何度も戻りながら構想や施策の検討を重ねます。課題解決の為にふさわしいと思える各種デザインを提案し、実行していきます。プロジェクトが大きくなる場合は、専門性のある方たちとの連携・協働で行います。

事業は果てしない物語。プロジェクト完了後も、対話を重ね、検証を行い、アイディアの創出を加えて、相応しいと思われるデザインを施しながら基盤を強化していきます。足腰が強くなれば、遠くまで行けますよね。