持続可能なまちづくり

壱岐島へ。芦辺浦地区。
今後益々増えていく空き家を活用して、新しい人が入れる素地を作りながら、
次世代へもつなげていく、持続可能な地域づくりを目指していくプロジェクト。
壱岐市との協働事業で、これまで何度も壱岐に訪れていた藤木さんが、地域おこし協力隊として赴任された。
キックオフミーティングは、扉を開け、気持ち良い海風を感じながら。
その後、シンボルになりそうな町の中心の辻でパチリ。
SDGs課もあるこの島の、“ここ”から始まるメッセージで。